Home » 改造車の注意点 » 改造車は検挙される事がある~合法・違法改造は違う

改造車は検挙される事がある~合法・違法改造は違う改造車を売るなら一括査定がオススメ!

category : 改造車の注意点 2016.4.28 

既存の車を自分の色に変えたい、個性的にしたいという事でカスタマイズする人はいます。
ただ実際には改造車とみなされてしまう事がある為、充分注意しなければいけません。
改造車となった場合、車検に通らなくなってしまう可能性があるだけでなく、時には検挙されてしまうという事もある為気を付けておく必要があります。

改造車と言っても、合法の物と違法の物に分ける事が出来ます。
合法の物は法律上何ら問題はないという事になるので、この場合は公道を走る事は可能です。
ただ違法の場合は法律上で認められているという訳ではない為、公道を走ってはいけません。
違反行為と言う事になってしまうので、検挙される事になります。

kenkyo

勿論、必ず検挙されるかと言ったらそうではありません。
まず一つ、一瞬にして違法な改造車かどうか判断する事が出来ない様な場合です。
ただその場合も100%大丈夫かと言ったら決してそういう訳ではなく、以前は大丈夫だったという人の場合も、今回は検挙となってしまう事もあります。
見た目から明らかに違法だと判断できる場合は、完全にアウトだと考えておく方が良いでしょう。

だったらそういう改造車には出来ない様にして欲しい、違法ではなく合法の物だけにして欲しいと思う人もいるかもしれません。
ただその車によって、また利用したパーツやそれを取り付ける方法等によっても良いかどうかと言う事が判断されます。
また、車に対してのこだわりがあるからこそカスタマイズをする事になるので、それ程変化を感じられない様な改造はする意味がないと感じている人もいるでしょう。

しかし覚えておくべき事は、自分が行った改造はもしかしたら違法かもしれないという事です。
また、検挙に関しては故意なのか過失なのかと言った事は関係ありません。
改造しているか改造していないかどうか、違法なのか合法なのか、判断基準はその点になります。
従って自分の意に反して検挙されてしまう事もあるので、出来れば予め合法かどうかと言う事を調べてから公道を走らせる方が無難です。


comment closed

Copyright(c) 2016 改造車を売るなら一括査定がオススメ! All Rights Reserved.